FC2ブログ
うえいのひとりごと
うえいの様々な記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K様邸のお引渡し

 先日、K様の新居が完成し、無事にお引渡しにいたりました。

 お客様はこれから新居の生活開始となる訳ですが、喜ばしい事ながらも私達としては今日この子が嫁いでいく…といった気分です。思いを込めて間取りやインテリアを考えれば考えると程、感じます。
IMGP2666.jpg

玄関ホール上の照明も三箇所のダウンライトですっきりとした印象です。入って見たくなりますね。
<IMGP2635.jpg

 和室の飾り棚はスタッフ内でも大好評です。畳は半畳タタミを採用し、ダーク色のフローリングをタタミの周囲に回しています。純和室と言うより洋室的な和室・アジア風の和室に仕上がっています。部分クロスや間接照明、ガラス棚は、写真よりも実物の方が断然素敵な仕上げです。
IMGP2659.jpg

室内の収納は、備え付けの棚がそれぞれの場所ごとに設置されています。
IMGP2643.jpg

 LDK・バスルーム・サニタリーは全て2階に配置しています。市街地でプライバシーを守るため、あるいは見晴らしのよい環境で景色を楽しむために、LDKを2階に配置する…。それぞれにメリットがありますね。風になびくブラインドが爽やかです。
IMGP2672.jpg


 まだまだこだわりのポイントがあるのですが、この辺で。
スポンサーサイト

諏訪市K様邸工事

 K様邸もそろそろ仕上げの段階です。

 クロスを貼り終え、コンセントやスイッチなどの取り付けをしている真っ最中。じっくり見学してきました。今度、スイッチ類の取り付け方法を特集しようと考えています。
IMGP2411.jpg


 玄関周辺です。階段を利用して、少し上から撮影してみました。ダーク色の玄関収納庫の上には小窓がふたつと…。玄関ドアを開けると、玄関収納庫の上に光が差し、収納庫が強調される…というイメージです。収納量も確保しつつ、光も取り込む…という一挙両得仕上げになります。
IMGP2409.jpg


 和室の飾り棚・仏間の造作です。真ん中に仏壇を置き、海外旅行のお土産などを両脇の飾り棚に展示する計画での設計です。モダンな和室になりそうですね。
IMGP2410.jpg


 今月中に完成の予定です。

諏訪市K様邸

今日は上諏訪駅そばで据付でした。朝8時から朝礼をおこない、8時半から作業はスタートです。
 人の往来が多いところという所でもあり、見学される方もたくさんいらっしゃいました。ちょっとした繁盛店のようなにぎわいです。
IMGP2004.jpg

天気が心配でした。作業開始時にはパラパラとしていたのですが、おかげさまですぐに止み、無事に作業は終了しました。
IMGP2046.jpg
大きなブルーシートは、いつ雨が降っても対応できるようにスタンバイしていました。使う場がなくてよかったです。基礎しかなかった工事現場が、朝からの作業で、ここまで仕上がりました。
 写真はお昼1時の様子です。

諏訪市F様邸1

 春分の日。だいぶ日も伸びましたね。暖かくなるのが待ち遠しいです。

IMGP1560.jpg
F様の解体工事の様子です。工事は先週の木曜日から始めており、終盤戦という状況です。
 週末には地鎮祭、ゴールデンウィーク前には棟上の予定です。

諏訪市K様邸解体工事2

IMGP1261.jpg
金曜日の時点の解体の様子です。
IMGP1223.jpg
2日後の日曜日の様子です。
 解体は13日にも終了する予定で進めています。その後、地鎮祭を経て基礎着工という流れです。

 昨日、松本市内の幹線道路で積×ハウスの営業車両と警察車両が止まっており、傍らで警察官とその社員が話し中でした。事故でもされたのでしょうか皆さんも事故や違反をしないように気をつけましょう。

諏訪市K様邸解体工事

IMGP1114.jpg

 K様の住まいの解体風景です。
 道路幅にゆとりがなく建物も道路近くにまでせり出しているため、重機で作業が出来ないと判断をして、手作業にて解体作業をおこなっている状況です。重機が入るスペースを確保できるまでは手作業が続きます。そうは言っても、分別回収が年々厳しくなり、昔のようにガチャーン!!と壊す時代でもありません。サッシ枠・ガラス・網戸の網・枠…なんて細かく分ける作業が増えています。最近の金属ブームから推測するに、ゆくゆくの解体は、業者からお金がもらえるようになるかもしれませんね。(根拠無ですが。)
 
 また、現場には立ち止まって解体風景を静かに眺める方が多くいらっしゃいます。お話をうかがうと、『自分の家の解体を思い出して…』なんて、おっしゃる方もいて不思議と和やかな雰囲気に感じられます。
 
 住宅を建てている最中は、構造体や断熱材などをチェックする事ができますが、完成してしまえば内部のチェックは至難の技になってしまいます。そういった見えない部分こそ、建築時には重要なポイントにすべきだと思います。今後建築を検討される方は、ぜひご検討ください。

 

よい仕事・嫌な仕事

IMGP1060.jpg

 諏訪市K様邸

 明日から解体工事を開始するため、仮住まいの確認のためもあって現場に伺いました。今日で思い出のお住まいともお別れの日です。

 日本の住宅は平均26年で建替え…というデータがあります。意外なまでに短い寿命とは思いますが、26年間住み続けると言う事…生まれたばかりの子が26歳…どの住まいにも思い出がたくさん詰まっているのは自然ですよね。そこを壊すなんて、考えるだけでも切なくなってしまいます。住宅建築の仕事で辛いと感じる瞬間でもあります。

 今度建てる家が26年といわず何十年も使っていただけるように、と願うばかりです。

IMGP1051.jpg

 先日ご紹介した茅野市のT様の編集が進んでいるようです。今日午後にカタログ掲載案の速報版がFAXで届いていました。カラーの仕上がりをしっかり見たいところです。細かなニュアンスについては少々追加してもらいたいと思うところもあり、また改めてこちらの意図を伝えようと考えています。

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

プロフィール

うえい

Author:うえい
お越し頂きありがとうございます。
うえいが、お家作りに関する情報をご紹介しています。お家作りじゃない情報の方が多いですが、時々お立ち寄り下さい。
 

最近の記事

カテゴリ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。